賛助会員制度案内

日本生物学的精神医学会賛助会員ご入会のお願い

平素より本学会の諸事業にご高配を賜り、御礼申し上げます。

さて、この度は貴社に本学会賛助会員としてご入会をいただきたく、ここにご依頼申し上げます。本学会では1口10万円の賛助会員制度を設けておりますが、研究開発型の企業様においては3口以上、特にCNS領域で事業をご展開の場合には、是非、5口以上のご賛助を賜りたくお願い申し上げます。

本学会は臨床医を中心とした約1,700名の会員を擁する、わが国を代表する生物学的精神医学の学術団体であり、精神疾患の薬物治療においても最も重要な領域の一翼を担っています。

Nature誌の巻頭言において、2010年からの10年間がA decade for psychiatric disordersと形容されたとおり、精神医学、特に脳科学・ゲノミクス・プロテオミクス等の最新の研究成果を活用する生物学的精神医学は、これからの科学において極めて注目される領域であるのみならず、厚生労働省では精神疾患をがん・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病と併せて「5疾病」として指定する等、わが国の医療政策上も生物学的精神医学の重要性が高まって来ているということが言えます。また、2013年にはアジアで初めてWFSBP(World Federation of Societies of Biological Psychiatry)のコングレスをホストするなど、世界的にも本学会の科学的水準の評価は高まっております。

しかしながら、正会員の会費収入のみでは、これから期待されるブレインバンク等の新領域や、世界において我が国のプレゼンスをさらに向上させるための様々な活動に対し、十分な資金を賄うことが困難であるということが実情であり、伏して各社様のご協力をお願い申し上げる次第でございます。

以上、何卒お力添えをいただけましたなら幸甚に存じます。
なお、ご入会をいただけます折は、事務局(03-5981-6011)までご連絡下さいますようお願いいたします。
末筆となりましたが、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

賛助会員の特典

  1. 口数に応じた冊数の機関誌の送付
  2. 口数に応じた人数の社員の年会への招待(2014年度より)