機関誌 Vol. 29 No. 1, 2018

日本生物学的精神医学会誌 Vol.29, No.1, 2018

巻頭言:学会や研究のこと/ 功刀  浩

特集1:遺伝子点変異による精神神経疾患の発症機構解明

  1. シナプスオーガナイザー遺伝子点変異導入マウスを用いた神経発達障害発症機構の解明/ 吉田 知之
  2. 新規NLGN1 自閉症変異とヒト型モデルマウス/ 仲西 萌絵,内匠  透
  3. 統合失調症と自閉スペクトラム症発症にかかわるrare variants 探索から分子病態解明へ/ 遠山 美穂,尾崎 紀夫

特集2:精神疾患モデルの認知機能障害研究の新規アプローチ

  1. タッチパネル式視覚弁別試験を用いた精神疾患モデルマウスの認知機能解析/ 伊藤 教道,Bolati Wulaer,永井  拓,山田 清文
  2. 全脳イメージング法を用いた精神疾患モデルマウスの機能評価/ 勢力 薫,笠井 淳司,橋本  均
  3. ストレス抵抗性における内側前頭前皮質ドパミン系の役割と神経細胞形態変化の関与/ 谷口 将之,篠原 亮太,古屋敷智之
  4. 精神疾患とそのモデル動物における聴覚認知異常の病態寄与/ 甲斐 竜太,那波 宏之

若手最優秀奨励賞

  • 意思決定と薬物依存における大脳基底核神経回路機構/ 疋田 貴俊

わたしの研究

  • Play with bioinformatics tools and save the world !/ 高田  篤