Rudolf Jaenisch教授招聘 国際シンポジウム開催のご案内

新潟大学脳研究所では第5回共同研究拠点国際シンポジウムを2015年3月5日(木)~6日(金)に開催します。“Genome Editing Technology; its Current State-of-Art and Application to Brain Research”をテーマに、Rudolf Jaenisch教授 (MIT/Whitehead Institute), Jacob Hanna博士 (Weizmann Institute)をお招きし、遺伝子改変動物研究の分野の第一線でご活躍の方々にご講演いただきます。本シンポジウムは、急速に発展しているゲノム編集の最新の研究成果、並びに脳科学を含めた多様な分野の第一線の研究成果をお聞きし、新しい脳科学の発展につながるシーズを得ることを目的にしています。ポスター発表を募集しています。皆様のご参加、ポスター発表のお申込みをお待ちしております。(参加費無料)

【テーマ/Theme】
Genome Editing Technology; its Current State-of-Art and Application to Brain Research

【日時/Date】
2015年3月5日(木)~6日(金)/ Thursday, Mar. 05~Friday, Mar 06, 2015
3月5日(木)/Thursday, Mar 05 13:00-18:00 Symposium (free), 18:30-20:30 懇親会/ Reception
3月6日(金)/ Friday, Mar 06, 2015 9:00-15:30  Symposium (free)

【場所/Place】
新潟大学脳研究所統合脳機能研究センター 6階 セミナーホール/
Center for Integrated Human Brain Science, University of Niigata, 6F
Access:http://coe.bri.niigata-u.ac.jp/content/Access_en

【講演者/Speakers】

Takashi Yamamoto (Hiroshima Univ. Japan)
Manabu Abe (Niigata Univ. Japan)
Masahito Ikawa (Osaka Univ. Japan)
Tomoji Mashimo (Kyoto Univ. Japan)

Keynote lecture: Rudolf Jaenisch (MIT/ Whitehead Institute, USA)

Yasuhiro Yamada (Kyoto Univ. Japan)
Keynote lecture: Jacob H. Hanna (Weizmann Institute, Israel)

Kenji Tanaka (Keio Univ. Japan)
Kazuto Kobayashi (Fukushima Med. Univ. Japan)
Kazuhiro Ikenaka (National Institute of Physiological Sciences Japan)

Hideyuki Okano (Keio Univ. Japan)
Akitsu Hotta (Kyoto Univ. Japan)
Masaaki Komatsu (Niigata Univ. Japan)

【主催/Organizers】
新潟大学脳研究所/ Brain Research Institute Niigata University

【URL】
http://www.bri.niigata-u.ac.jp/newsandinfo/2014/12/10/894/

【問合せ先】
新潟大学 脳研共同利用係
E-mail:noukyoudo@adm.niigata-u.ac.jp
Tel: 025-227-0565