平成26年度「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロジェクト」の中核拠点の参画機関、臨床研究グループ及び技術開発個別課題の公募について

平成26年6月20日

文部科学省では、我が国が強みを持つ霊長類(マーモセット等)の遺伝子操作技術、光学系技術等のさらなる効率化・高度化を行うことにより、霊長類の高次脳機能を担う神経回路の全容をニューロンレベルで解明し、精神・神経疾患の克服につながるヒトの高次脳機能の解明のための研究開発・基盤整備を加速させるため、平成26年度より「革新的技術による脳機能ネットワークの全容解明プロ
ジェクト」を新たに開始しました。
本プロジェクトは、本年3月に採択した「中核拠点」に加え、「臨床研究グループ」及び「技術開発個別課題」が相互に連携することによって構築される「共同研究組織」により実施されます。
今般、プロジェクトの実施にあたり、中核拠点の実施内容及び機能の補完を行い、進捗を加速させるための「中核拠点の参画機関」、中核拠点と相互に成果をフィードバックすることにより、ヒトの精神・神経疾患克服に向けた研究開発を行う「臨床研究グループ」、プロジェクトの目標達成を補完、加速させるための研究開発を行う「技術開発個別課題」の募集を行います。

詳細は以下のURLよりご確認ください。
http://www.mext.go.jp/b_menu/boshu/detail/1348935.htm